タイ首相 議場に爆発物を持ち込んだ小政党党首を厳しく叱責

プラユット首相は10月31日、小政党のタイ文明党の党首であるモンコンキット議員が「セキュリティーシステムを検査するため」として国会の議場に爆発物を持ち込んだことにチュアン下院議長が言及したのを受け、「誰であろうと行動する前に慎重に考えなければならない」と強い調子で指摘して同議員の行動を厳しく非難した。

同議員は、「不適切だった」と述べているというが、プラユット首相は「議員の本当の意図を明らかにするため今回の件を関係当局に委ねる」としている。

チュアン議長も爆発物の持ち込みがどのような罪に該当するかを法律専門家に検討させる考えという。

関連記事

ページ上部へ戻る