野党第2党・新未来党のタナトン党首 議員資格を失う タイ憲法裁判決

今年3月24日に行われた下院総選挙で議席数第3位と躍進を見せた野党第2党・新未来党のタナトン党首に対して憲法裁判所は11月20日、法律で禁止されているにもかかわらずメディア関連株を保有したまま総選挙に立候補したとの理由で同党首の下院議員資格剥奪の判断を示した。

同党首は立候補前に株を手放していたと主張していたが、認められなかった。同党首は大手自動車部品メーカー、タイサミット・グループの創業家の出で、つい最近まで同グループの重役を務めていた。

関連記事

ページ上部へ戻る