チュアン国会議長が高級車購入に言及 「私ではなく役職のための車両」

チュアン国会議長(下院議長)は12月16日、同議長用の公用車として750万バーツの高級車の購入を同議長が容認した旨の報道があったことについて、「私のためではなく国会議長用に購入するものである」と説明した。

質素倹約を好むチュアン議長であることから、個人的には高級車を公用車とする必要はないと考えるが、現在公用車として使われている車は老朽化しており、公用車を新しいものに買い換えることに異論はないという。さらに、次の国会議長も乗ることを考えれば、新しい車の購入にことさら反対するつもりはないとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る