連続殺人犯逮捕を受けて特別委員会設置

 連続殺人事件を起こして服役していたソムキット容疑者が仮釈放後に再び女性を殺害したとみられる事件を起きたことから、ソムサク法相は12月18日、凶悪事件を起こして服役している者とすでに釈放された者の行動をモニターするための特別委員会の設置を命じた。対象となる者はざっと見積もっても100人に上るという。法相は、「凶悪事件を起こした受刑者については出所後であっても市民の安全のために行動を監視する特別な措置が必要」としている。

関連記事

ページ上部へ戻る