「イラン司令官殺害を米国がタイに事前通告」とのタイ外相発言は誤り  タイ外務省が釈明

米軍によるイランのソレイマニ司令官殺害について、ドーン外相が先に殺害の前日にタイが殺害計画に関して米国から説明を受けていたことを示唆したが、外務省のブッサディー報道官はこのほど、外相の発言内容が間違いだったと釈明した。

司令官殺害は英国やオーストラリアにも事前に伝えられていなかったとされ、ドーン外相の発言が波紋を広げていた。だが、同報道官によれば、誤った情報が外相に伝えられ、これに伴い外相が誤った発言をしたもので、米国が司令官殺害を事前にタイに伝えていた事実はなかったとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る