反政府・親政府イベントにそれぞれ大勢の市民が参加

バンコク都内の鉄道公園で1月12日、2014年5月の軍事クーデターに伴い首相の座に就いたプラユット元陸軍司令官が昨年3月に行われた民政復帰の総選挙を経てもなお首相を務めていることに反対するランニング・イベントが催され、おそろいのTシャツを着た人々など大勢の市民が集まった。会場には野党の主要メンバーの姿も見せていた。

主催者側発表によれば、参加者は1万3000人に及んだという。集まった市民を前に主催者は2月2日に北部チェンマイで同様のイベントを催すと発表した。

一方、バンコク都内のルンピニ公園では現政権を支持するイベントが開催され、数千人が集まった。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る