タイ下院が今年度予算案を承認 野党は投票ボイコット

タイ下院で2月13日、今年度(昨年10月~今年9月)の国家予算案が賛成多数で承認された。同案に関しては、1月に行われた第2読会、第3(最終)読会で一部議員が欠席議員の代わりに賛成票を投じていたことが判明したことから、憲法裁判所が投票のやり直しを命じていた。

野党議員は投票をボイコットしたが、与党議員のほぼ全員が賛成票を投じたことから予算案が承認された。同案は14日に上院でも承認される見通し。

関連記事

ページ上部へ戻る