大多数の市民が政治活動参加には慎重な姿勢 世論調査

タイ国立開発行政大学院大学(NIDA)による最新の世論調査で市民のほとんどが政治活動への参加に非常に慎重であることが判明した。同調査は2月12~13日に実施され、全国の18歳以上の1255人が回答した。

回答者の92%が「政治集会などに参加したことがない」と返答。「政治家、政党、政治団体などに誘われたら政治的な集会やデモに参加するか」との質問では、83%が「危険かもしれず、社会的混乱につながるかもしれないので参加しない」と回答した。

一方、14%は「目的、場所、呼びかけ人などがわかったら参加するかもしれない」と回答している。

関連記事

ページ上部へ戻る