プラユット首相 「不信任案審議で真偽を見極めてほしい」

プラユット首相は2月19日、「近く行われる不信任案審議で誰が何を言ったかに基づいて誰を信じるべきかを決めてほしい」と国民に呼びかけた。

首相を含む閣僚6人の不信任案審議は24日から3日間行われる予定。首相によれば、虚偽情報が蔓延しているため、国民には首相らの発言に実際に耳を傾け何が本当かを見極めてほしいとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る