コンケン大学で反政府集会 新型コロナ対策など批判

東北部コンケン県の国立コンケン大学で3月15日夜、大学生らが2度目となる政府集会を決行した。警察によれば、学生たちは午後6時半ごろから法学部の施設に集まって新型コロナウイルスの感染拡大など様々な問題に対する政府の取り組みを批判するスピーチを行った。

関連記事

ページ上部へ戻る