プラユット首相が新型コロナ対策の強化に言及

プラユット首相はこのほど、国内で感染者増加が加速していることを受けて、全国的な移動制限の導入など新型コロナ対策をさらに強化する必要があるとの認識を示した。

首相によれば、現時点ではまだ感染拡大を一定のレベルに抑えることができているが、さらに急速に感染者が増加する事態に備え、軍の医療機関、民間病院、ホテルなどを利用して感染者用のベッド数を増やしたり、混乱を回避するために情報を統制したりする準備を始める必要があるという。

ただ、プラユット首相は、「現時点では、出入国者をしっかり検査すればよく、全国的な移動制限はまだ必要ない」としている。

関連記事

ページ上部へ戻る