国会議員の給与寄付案に国会議長が「全員が裕福なわけではない」

新型コロナ対策のために国会議員が給与の一部を寄付すべきとの提案に対し、上院議員の一部から反対意見が出ているが、チュアン国会議長(下院議長)は4月8日、「議員に歳費の一部を寄付させるつもりはない」と明言した。

寄付案について、キティサク上院議員は、「上院議員、下院議員、公務員が給与の一部を寄付しなければならないほど感染拡大がひどい状況とはなっていない」と指摘。また、チュアン議長は、「下院議員は地元のためにいろいろと苦労しており出費も多く、また、議員が皆裕福なわけではない」としている。

関連記事

ページ上部へ戻る