ASEAN+3が新型コロナ対策で協力へ 共同で資金をプール

ナルモン政府報道官は4月14日、タイを含むASEAN加盟10カ国と中国・日本・韓国が資金を共同でプールし新型コロナウイルス対策に投入することなどで合意したことを明らかにした。

新型コロナ対策で歩調を合わせることはこれら13カ国の代表による特別会議で合意されたものだが、ここでは具体的にどれだけ資金をプールするかについては決定が下されなかった。

ASEAN加盟国は、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、シンガポール、ラオス、カンボジア、ミャンマー、ブルネイの10カ国。

関連記事

ページ上部へ戻る