非常事態宣言延長に野党からは「感染症法だけで感染防止は可能」

プラウィット副首相はこのほど、効果的な新型コロナ対策の導入のために発出された非常事態宣言の延長について、政治的な理由との見方を否定し、「制限措置の緩和に伴い感染再拡大が懸念されることが宣言延長の理由である」と説明した。

宣言延長に対しては「政権が強大な権限を手放したくないため」といった批判的意見が出ているほか、野党陣営では「感染拡大は感染症法だけで防止できるはず」としている。

関連記事

ページ上部へ戻る