首相は内閣改造に否定的 「政権党党首変更と改造は無関係」

連立政権を率いる国民国家の力党(PPRP)で近日中に党首・幹事長および執行役員の入れ替えがある見通しだ。これを受け内閣を改造すべきとの声が同党の一部派閥から出ているが、プラユット首相は6月9日、「党内のリーダーシップに関する変化は政府とは無関係。内閣改造は首相の専権事項だが当座の改造はない。(閣僚に選ばれるための)売り込みはやめてほしい」と明言した。

PPRP新党首にはプラウィット副首相が選ばれるとの見方が有力だが、プラユット首相は「党が彼を党首に選ぶことは党内部の話であり、反対するつもりはない」との考えを示した。

関連記事

ページ上部へ戻る