チャチャイ元首相の子息クライサク氏が死去 72歳

故チャチャイ元首相の一人息子で、政治家として長年活躍したクライサク氏が6月11日、舌がんのため死亡した。72歳だった。同氏は2007年12月の総選挙で民主党から立候補して当選し、翌08年7月から11年8月にかけて同党副党首を務めた。なお、民主党はタイで最も長い歴史を持つ政党で、何度か首相を輩出している。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る