労相の党首辞任は内閣改造の序章か

連立政権を率いる国民国家の力党の関係筋によれば、チャトゥモンコン労相が先にACT党党首を突然辞任したが、これは近い将来の内閣改造を見据えたものと考えられるという。

ACT党は弱小与党だが、国民国家の力党にとっては重要なパートナーであり、プラユット首相が内閣を改造しやすくするために党首が辞任したとも考えられるという。

なお、内閣改造は、国民国家の力党の党首と執行役員が近く入れ替わることから予想されているものだが、プラユット首相は、同党の内部問題と政府は無関係であって改造をするつもりはないとしている。

関連記事

ページ上部へ戻る