タイ北部県の補欠選挙で政権党候補が勝利

最大野党・タイ貢献党のイティラット議員の死去に伴う北部ラムパン県4区の補欠選挙は6月20日に投票が行われ、選挙管理委員会の非公式発表によれば、連立政権を率いる国民国家の力党のワタナ候補が当選を確実にした。獲得票数はワタナ候補が4万2794票、野党・セーリールアムタイ党のソムブーン候補が2万5278票だった。

関連記事

ページ上部へ戻る