プラウィット副党首が政権党党首就任に同意

連立政権を率いる国民国家の力党(PPRP)の幹部であるウィラット議員は6月22日、プラウィット副首相がPPRP党首に就任することに同意したと明らかにした。

これまではウッタマ財務相が党首を務めてきたが、先に執行役員が大挙して辞表を提出したことから近く執行役員と党首の入れ替えが行われる予定であり、現政権のナンバー2であるプラウィット副党首が党首の最有力候補として名前が挙がっていた。

関係筋によれば、PPRP内では派閥争いが続いているが、プラウィット副首相が党首に就任することで党内抗争に終止符が打たれる見通しという。

関連記事

ページ上部へ戻る