ソムキット副首相が内閣改造に苦言 「経済無視なら無意味」

連立政権の中核である国民国家の力党で近く党首と執行役員が入れ替わる予定で、これに伴い経済閣僚の交代に重点を置いた内閣改造を望む声が一部で出ているとされるが、ソムキット副首相(経済担当)は6月24日、「現在の経済閣僚チームは、やるべきことができていないのであれば、居座るべきではない」と述べるとともに、「新しい経済閣僚チームが何をしていいのかわからなかったり、何もできなかったりするのであれば、こんなチームはいらない」と指摘して、経済を無視した経済閣僚の交代に意味はないとの考えを示した。

同副首相によれば、今重要なことは、新型コロナ問題で打撃を受けたタイ経済を速やかに回復させるための準備を整えることであり、誰がどの閣僚ポストに就くかなどを詮索するのは重要ではないとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る