内閣改造は8月か プラユット首相が示唆 すでに候補に打診

ウタマ財務相など閣僚4人が辞任したことで「内閣改造は間近」との見方が強まっているが、プラユット首相はこのほど、8月内閣改造の可能性に言及した。

訪問先の東北部シサケート県で7月16日、首相が「内閣を改造することにプレッシャーは感じていない。だが、早めに行う必要がある。8月中に新しい内閣の顔ぶれが揃うだろう」と述べたことで、「8月改造」という見方が現実味を帯びてきた。首相はすでに何人かに入閣を打診しているが、まだ返答はないという。

関連記事

ページ上部へ戻る