新閣僚に与えられる猶予時間は1年 改造は8月半ばまでに完了

近く行われる内閣改造について、プラユット首相は7月23日、「新閣僚には遅くとも1年のうちに実力を示してもらいたい」と述べるとともに、「財務相やエネルギー相に名前の挙がっている外部の人たちはまだ入閣の意向が確認されていない」と説明した。

また、首相によれば、今回の内閣改造は先に辞任した経済閣僚などの後任を選ぶために行われるもので、8月半ばまでには完了する見通しという。

関連記事

ページ上部へ戻る