最高裁長官に初めて女性が就任へ タマサート大学法学部卒

最高裁判所の副長官を務めるメーティニー・チャローントン氏が9月末をもって退官するサライケート長官の後任として長官に就任することになった。最高裁のトップポストに女性が就任するのはタイでは今回が初めて。同副長官の長官就任は先に開かれた法務委員会で承認された。メーティニー氏は国立タマサート大学法学部卒業で、同大学で司法行政の修士号を取得している。

関連記事

ページ上部へ戻る