入閣予定者リストを国王陛下に提出との報道を首相が否定

国王陛下に新内閣閣僚のご承認を得るためプラユット首相が入閣予定者リストを陛下に提出したと報じられたが、首相は7月31日、そのような事実はないと明言した。

報道では、ナルモン政府報道官が副労相に就任するためにすでに辞表を提出したことになっているが、首相は「私は辞表を受け取っていない」と述べ、この報道を否定した。

一方、プラウィット副首相が警察を管轄するとの情報についてもプラユット首相は、「プラウィット副首相はすでにたくさん仕事を抱えているため、警察を彼に任せるつもりはない」とはっきり否定した。

関連記事

ページ上部へ戻る