マレーシア首相とタイ枢密院議長が会談 約30年ぶり

タイを公式訪問中のマレーシアのマハティール首相(93)は10月25日、忙しいスケジュールの合間を縫ってプレム枢密院議長(98)を自宅のシサオテウェート邸に訪ね、約15分会談した。2人が顔を合わすのは約30年ぶりという。

プレム議長はマハティール首相を暖かく出迎え、邸内で現在の健康状態やマハティール氏の首相返り咲きなどについて歓談したとのことだ。

プレム議長との会談の後、マハティール首相は国立チュラロンコン大学に赴いてスピーチを行った。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る