反政府デモ主導者の逮捕に警察は「見逃せば職務怠慢となる」

反政府デモを呼びかけたなどの疑いで複数の若者が逮捕されたことについて、チャクティップ警察庁長官は8月20日、「反政府デモを行った者は法律に違反した。このため、警察としては彼らを逮捕せざるを得なかった」と説明した。仮に彼らを逮捕しなかった場合、警察が職務怠慢で罪に問われることになるという。

この逮捕については、20日に開かれた下院の予算審査委員会で同長官に説明を求める意見が出ていた。また、刑事裁判所は同日、罪を繰り返さないことを条件に逮捕者のうち9人の保釈を認めた。

関連記事

ページ上部へ戻る