潜水艦購入計画を延期 中国側と協議へ 「中止はせず」

プラユット首相は8月31日、「海軍は中国から潜水艦2隻を追加購入する計画を延期することにした」と述べた。ただ、購入を取りやめたわけではなく、購入延期については海軍が中国側と話し合う予定という。

首相によれば、潜水艦購入は国防の観点から非常に重要であり、このため延期したものの、取りやめにすることはできないとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る