米大使館が「反政府活動支持」との憶測を公式に否定 

反政府集会の主催者の1人が2016年に当時の駐タイ米国大使と一緒に写った写真がネット上に投稿され、「米国が反政府活動を支持している」との見方が出ているが、バンコクの米国大使館は9月10日、「タイ国内における民主主義を求める抗議活動を支援していない」との声明を発表した。

大使館によれば、駐タイ米大使はさまざまなタイ人と会っているのであり、投稿された写真は大使が反政府集会の主催者を支援していることを意味するものではない。また、米政府はタイ国内の抗議活動に金銭的なものを含めいかなる支援も提供していないとのことだ。

関連記事

ページ上部へ戻る