反政府集会を主催した学生らを不敬罪などで告発

バンコクのサナムルアン(王宮前広場)などで行われた反政府集会について、警察当局はこのほど、集会主催者の学生らを不敬罪などで処罰するよう求める告発の手続が警察署で執られたと発表した。

告発は2件であり、①不敬罪を規定した刑法112条に違反する言動、②サナムルアンが王室所有であるにもかかわらず舗装部分に集会参加者らが民主主義のシンボルとされる銘板を埋め込んだことーに関するものとなっている。

なお、銘板は21日朝には何者かに持ち去られ紛失している。

関連記事

ページ上部へ戻る