首相が警告 「反政府活動は国家の発展を阻害する」

大学生を中心とする反政府活動が勢いを増しつつあるが、プラユット首相は9月22日、このような活動が今後も続けば、タイは発展の機会を失うことになると警告した。また、「反政府活動のリーダーたちは本意を明らかしているのであり、国民は彼らを支持するか否かを自分で決めなければならない」と呼び掛けた。

このほか、24日に学生たちが予定している国会議事堂前での抗議活動について首相は「関係当局が法律に基づき参加者に対処することになる」と述べるととどまるとともに、「政府は誰とも対立していない」と付け加えた。

関連記事

ページ上部へ戻る