アーコム元NESDB事務局長が財務相に就任

政府系シンクタンクである国家経済社会開発評議会(NESDC)の前身、国家経済社会開発委員会(NESDB)の事務局長を務めたアーコム氏(64)が10月5日、財務相に就任した。財務相ポストは先の内閣改造で財務相に抜擢されたプリーディー元カシコン銀行社長が就任から1カ月足らずで辞任したことから空席となっていた。

これまでに財務相候補として数人の名前が報じられていたが、プラユット首相は先週、「報道された候補のなかに新財務相はいない。ただ、財務相に就任するのは皆が知っている人物」と述べていたが、実際にはアーコム氏の名前も候補に挙がっていた。アーコム氏は2014年5月のクーデター後に設置された軍事暫定政権で運輸相を務めたことがある。

関連記事

ページ上部へ戻る