世論調査 市民の多くが反政府勢力に否定的な見方

バンコクにある調査機関「スーパー・ポール・リサーチセンター」はこのほど、政府を批判する集会などを行っている反政府勢力について、「ほとんどの人が受け入れ難いと思っている」との世論調査結果を発表した。調査は9月25日から10月3日にかけて全国で実施され、1216人が回答した。

全体の97.6%が「受け入れ難い」と回答したが、その理由として96.1%が「王室に無礼」、95.7%が「他者への排撃」、94.1%が「他者への誹謗」、93.4%が「無礼な言葉遣い」を挙げた。また、89.9%が「反政府集会に関するニュースが経済危機、新型コロナ危機を煽っている」と回答した。

関連記事

ページ上部へ戻る