陸軍トップが反政府勢力に要望 「まず自らを改めよ」

年度初めの10月1日に陸軍司令官に就任したナロンパン陸軍大将はこのほど、王制を改めることなどを求めている反政府勢力に対し、「人々に何かをしろという前にまず自らを改めるよう求めたい」と述べた。

反政府派の大学生などは政府に対し、国会の解散、憲法の改正、王制の改革などを求めており、10月14日にはバンコク都ラチャダムヌン通の民主主義記念塔で大規模な反政府集会を決行するとしている。ナロンパン司令官は、「かれら(反政府派の人々)はまず自らを見直し、自分たちの言動が正しかったかを確かめてから、人々に何かをするよう呼びかけるべき」としている。

関連記事

ページ上部へ戻る