政治問題解決のための和解委員会設置に政府が前向き姿勢

チュアン下院議長は10月27日、現在の政治対立を解決するため関係組織代表からなる和解委員会を設置するとの与党・民主党案について検討するよう作業部会に指示したことを明らかにした。

反政府勢力が大規模デモを続け、首相辞任、改憲、王室改革を求めているが、チュアン議長は同日、国民投票で首相が辞任すべきかどうかを問うことについて首相と話し合ったことはないとも述べた。

また法律専門家のウィサヌ副首相は、「政治対立の解決策を見いだすため政府は関係者すべてと話をする」と述べ、和解委員会に設置に前向きな姿勢を示した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る