国会議事堂前で反政府派と王室支持派が衝突 多くの負傷者

11月17日、憲法改正法案7案について国会で審議が行われている中、国会議事堂前に集まっていた反政府派と王室のシンボルカラーである黄色のシャツを着た王室支持派の市民が衝突し、複数の負傷者が出る事態となった。

国会議事堂に近づくのを阻止すべくコンクリートブロックが設置され、有刺鉄線も張り巡らされていたが、反政府派が障害物を乗り越えて侵入しようとしたことから、警察が放水車により催涙剤入りの放水で対応した。このほか、今回は催涙弾も使用した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る