陸軍が水増し価格でヘリ購入 活動家が法的措置求める

活動家のシースワン氏は11月1日、陸軍が不当に高い価格でイタリア製ヘリコプターを購入したとして2日にも検察に訴える意向であることを明らかにした。

同氏によれば、タイ屈指の資産家・実業家で、サッカー・イングランド・プレミアリーグ、レスターシティの会長であるウィチャイ氏が10月27日に乗っていたヘリコプターが墜落して亡くなったが、この事故に伴い、このヘリと同じモデルのヘリをタイ陸軍が購入したことに関心が集まっているという。

陸軍が購入したヘリは墜落したヘリより型が古いが、購入価格は高かったという。また、調査したところ、陸軍は過去に同じメーカーから何度かヘリを購入しているが、購入価格は市場価格を上回っていたとのことだ。

これについて、陸軍は操縦士のトレーニング費用などが含まれているため購入価格が高くなっていると説明している。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る