3500バーツの現金給付 支給対象を拡大か 19日の閣議で決定

タイ政府は1月19日の閣議で新型コロナで打撃を受けている人々に1人当たり3500バーツを給付するプログラムの対象を生活困窮者から自営業者、露天商、タクシー運転手などに拡大するか否かを決める予定だ。

現在保有しているデータベースに基づき新型コロナでどの程度影響を受けているかを検討して給付対象に含めるかどうかを決めることになるという。

なお、今回は社会保障システムでカバーされている被雇用者、公務員、国営企業職員などは給付対象から外れる。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る