首相が反論 「口封じのため不敬罪を利用したことはない」

タナトン元新未来党党首が王室に関連する研究施設が国内で新型コロナワクチンを生産するという政府のワクチン調達計画を批判したことで不敬罪に問われていることについて、プラユット首相は1月25日、「(不敬罪を規定した)刑法112条を使って誰かを黙らせようと考えことは一度もない」と述べた。

タナトン氏の指摘はワクチン生産に絡む不正を示唆したものだが、同氏は「もし間違いであれば、許しを請いたい」とも述べている。

ただ、プラユット首相によれば、政府が同氏を黙らせようと不敬罪に問うたのではないため、自分が正しいと思うのであれば正義を追い求めるべきであるが、ワクチンは国民の命にかかわるものであり政治問題化するのは容認できないとのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る