「反政府勢力側の医療ボランティアを攻撃」と批判に警察が反論

バンコクで2月13日夜に行われた反政府勢力の抗議集会で、警察に対し、「警察が医療ボランティアを暴行した」との批判が出ている。同日の集会では集会参加者8人が身柄拘束され、20人ほどが負傷したとされるが、負傷者の1人が同勢力の医療ボランティアだったという。

しかし首都圏警察は、「プロの医療従事者ではなく、負傷した集会参加者の手当に当たっていたボランティアであり、集会参加者をたきつけたグループの1人」と説明している。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る