外相が国際機関にお断り 「総選挙にオブザーバー派遣は不要」

来年2月に実施見通しの総選挙について、国際機関などからタイにオブザーバーを派遣して総選挙に立ち会わせたいとの要望が選挙管理委員会に出ているようだが、ドーン外相はこのほど、「国際機関などの監督下で総選挙が行われることはないだろう」と述べ、オブザーバーは不要との考えを示した。

外相によれば、「オブザーバーを受け入れるとタイの選挙に問題があると認めたに等しい。タイはこれまで部外者の助けなしに総選挙や国民投票を問題なく実施しており、来年の総選挙に関してもオブザーバーが必要とは考えていない」とのことだ。

関連記事

タイを知るお勧め動画

役に立つタイビジネスサイト

ページ上部へ戻る