不敬罪容疑で逮捕の反政府勢力幹部 刑事裁判所も保釈請求却下

反政府勢力が昨年9月に不敬容疑で捕らえられた幹部4人を自由の身にすべく保釈を要求しているが、2月17日、刑事裁判所も同勢力からの保釈請求を却下した。

同勢力は大規模な抗議デモを決行する構えを見せて保釈を認めさせようとしているが、保釈請求は先に控訴裁判所にも却下されており、「控訴裁の判断を覆す理由はない」として刑事裁判所も保釈を認めなかった。

これに対し同勢力は、「保釈を認めさせるために今後当局への圧力を強める」とコメントしている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る