ミャンマーのクーデター プラユット首相「是認していない」

プラユット首相は2月25日、先のミャンマーの外相との会談において「タイがクーデターを容認した」との批判的見方が一部で出ていることについて、「是認していない」と反論した。

首相は、「(ミャンマーの外相から)表敬訪問の要請があった。タイとミャンマーはつきあいがあり、要請に応えた。(外相と会ったことは)なにかを是認したことを意味しない」と説明した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る