コロナ感染第3波 政府の対応に5割超が不満 世論調査

タイ国立開発行政大学院大学(NIDA)はこのほど、新型コロナの感染拡大に関する世論調査の結果を発表した。それによると、現在のコロナ感染第3波への政府の対応について、30・49%が「政府は反応が遅く、国民への説明も不十分で混乱が生じているほか、ワクチンの調達にも手間取っていて満足していない」と回答し、22・56%が「全く満足していない」と答えた。一方、「非常に満足」と回答したのは12・20%で、「おおむね満足」と答えたのは33・31%だった。

今回の世論調査は5月の17~19日と27~28日に実施され、全国の15歳以上の1312人が回答した。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る