プラユット首相がプーケットで濃厚接触 自宅待機1週間

南部プーケット県ではワクチン接種済みの外国人については隔離措置を免除するという観光再開プログラムが7月1日にスタートしたが、これに合わせて同地を訪れたプラユット首相が新型コロナ感染者と濃厚接触していたことが判明し、1週間にわたり自宅待機することになった。

プーケットで執り行われた観光再開イベントに参加した首相は、東北部スリン県のウィラサク商工会議所会頭と一緒に写真を撮ったが、のちに同会頭は検査で新型コロナに感染していることが判明した。

プラユット首相はすでにアストラゼネカ製ワクチンを2回接種しており、また、濃厚接触者と判明したことから検査を受けたが、5日時点で結果はまだ出ていない。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る