中国製ワクチン輸入 CPグループが改めて関与を否定

先に政府が中国シノバック製新型コロナワクチンの輸入を決めたことに「中国製ワクチンは有効性が低く、政府は国民の健康を考えていない」といった批判が出ているが、タイ最大の農業コングロマリットとされるチャルンポーカパン(CP)グループはこのほど、改めてシノバック製ワクチン輸入には関与していないと説明した。

CPグループは中国と太いパイプがあるとされることから、中国製ワクチンの輸入にも関係しているとの見方がある。だが、同グループによれば、シノバック製ワクチン1090万回分を61億バーツで購入するという今回の政府の決定は、政府間で合意されたもので、CPは直接的にも間接的にも関与していないとしている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る