授業料を半額に 首相が教育機関に指示

アネク高等教育科学研究改革相によれば、新型コロナの感染拡大で国民が影響を受けていることを考慮して教育機関に子供を通わせている家庭の負担軽減のため、プラユット首相がこのほど大学などに対し授業料を5割引き下げるよう指示した。政府は必要に応じて教育機関に補助金を交付する予定。これらの措置は7月13日の閣議で承認された。

今回の授業料の引き下げでは、国立大学の場合、授業料のうち5万バーツまでについて50%減額、5万1-10万バーツについて30%減額、10万1バーツ以上について10%減額される。また、減額分の60%は政府から教育機関に補填される。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る