著名大学医学部幹部 アストラゼネカ製ワクチンの輸出制限要求

タイのバイオサイエンス社がタイ国内でライセンス生産しているアストラゼネカ製新型コロナワクチンはアストラゼネカが外国にも輸出していて、これに批判的な意見も出ているが、シリラート病院医学部のプラサート副学部長はこのほど、政府に対し、ワクチン備蓄法を発動して1カ月当たり少なくとも1000万回分のアストラ製ワクチンを確保するよう要請した。

同副学部長によれば、この先3カ月間に十分な量のワクチンを確保して国民に接種することが新型コロナに立ち向かううえで非常に重要であり、アストラゼネカに国内向けワクチンの量を増やさせることが必要とのことだ。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る