反政府デモ排除に国軍投入要請を検討 タイ警察幹部が言及

新型コロナの感染拡大で感染対策の制限措置が強化される中、反政府勢力がこれらの措置に違反する形でデモを繰り返しているが、首都圏警察のパカポン長官は8月11日、警察は必要に応じて催涙弾やゴム弾でデモ隊に対応するが、手に負えなくなった場合は軍隊の出動を要請することもあり得ると述べた。

関係筋によれば、法と秩序を維持するために国軍が警察を手助けすることについては、先に国軍最高司令官を議長として開かれた陸海空3軍の話し合いでも取り上げられたが、「デモ隊を追い払うことは国軍の役割ではない」との点で意見がまとまったとのことだ。ただ、同筋は、「警察が国防省を通じて文書で支援を要請することは可能」としている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る