プラユット首相 「都市封鎖に効果あれば来月に制限緩和」

プラユット首相は、ロックダウン(都市封鎖)が新型コロナの感染抑制に有効であることが判明すれば、来月にも制限措置のいくつかは緩和されると発表した。首相はまた、感染対策をしっかり実行することが新規の感染者と死亡者を減らすことにつながるとして、すべての国民に対し、これまで以上に厳格に感染予防策を励行するよう呼びかけた。

このほか、「ここ数日は1日当たりの回復・退院者数が新規感染者数を上回っているものの、死者数が最も気がかりだ。世界的にみると、タイの死亡率は低いが、1人の死者も出したくないというのが我々の気持ちだ」とも述べている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る