新型コロナ新規感染者減少で非常事態宣言が9月末に解除か

有効な新型コロナ対策を講ずるために発布されている非常事態宣言について、国家安全保障会議(NSC)のナタポン事務局長はこのほど、新規感染者数が現在のペースで減少し続けた場合、9月末にも解除される可能性があると述べた。新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)が最終決定を下すことになる。

CCSAオペレーションセンターの最高責任者である同事務局長は「非常事態宣言は新型コロナ問題を解決するために発布されたものだが、国民がこれを快く思っていないことは我々もわかっている」と指摘する。

なお、CCSAは国民が感染拡大の抑止に非協力的であれば、1日当たりの新規感染者数が3万人にまで増加する恐れがあるとしている。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る